カップヌードルミュージアムへ(休日(^.^)/)

こんにちは、最近天気の良い日が続きます。
休みを利用して大阪府池田市にあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。
懐かしいものからこんなものまであるんだという発見の1日を過ごすわけですが、ここには歴史があり、創業者の苦労した姿が見えるような気がしました。
でもこのカップヌードルが世界に知られる存在になるのですが、発想は何気ない日常こそヒントがあるようにも思いました。(^.^)/~~~
いろんなことを考えさせてくれた日となりました。

%A5%AB%A5%C3%A5%D7%A5%CC%A1%BC%A5%C9%A5%EB%A3%B1.png

%A5%AB%A5%C3%A5%D7%A5%CC%A1%BC%A5%C9%A5%EB2.png

%A5%AB%A5%C3%A5%D7%A5%CC%A1%BC%A5%C9%A5%EB3.png

卒業特別礼拝+卒業説明会

●卒業特別礼拝
本日は正木先生を通して、学生生活のふりかえり…そして、働く人としての想いを伺いました。
心に響くお話しの内容は‘ブログ’でぜひご確認下さいね。
%CC%B5%C2%EA.png

先生は、置かれた状況に対して、自分がどのような想いで努めるのかを、聖書の一節をもとにわかりやすくお話し下さいました。
%CC%B5%C2%EA2.png

卒業を迎えられるみなさん。与えられた場所で目的意識をもった関わりを期待します。
…自信ない?
大丈夫!
京都ほせんは、保育奉仕者としての素質をあなた方一人ひとりに見出していますから(^.^)

●卒業説明会
卒業特別礼拝の後は、卒業説明会が行われました。
先生方から、学びをまとめることの大切さや、周囲との責任ある関わりについてお話しを伺いました。
勉強は科目ごとにバラバラに習いますが、それを活かすのは「私」。
じっくり自覚出来る時間になったよね?
次にみんなが集合するのは、03月15日の卒業式です。
あなた方が社会へ踏み出す一歩に立ち会える私たち教職員は、とても幸せです。

お正月遊び

遅くなりましたが、皆さん明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

今年初のブログは、2回生の授業で行われた「お正月遊び」を紹介させていただきます♪

・けまり・・・みんなで輪になって、和気あいあいと楽しそうでした!
ちなみにけまりはチラシで作りました(笑)
%A4%B1%A4%DE%A4%EA1.png
%A4%B1%A4%DE%A4%EA2.png

・けん玉・・・集中している時の真剣な表情
%A4%B1%A4%F3%B6%CC1.png

成功した時の嬉しそうな表情!
%A4%B1%A4%F3%B6%CC2.png

・こま回し・・・みんな、なかなか上手に回していましたよ。
%A4%B3%A4%DE%B2%F3%A4%B7.png

・羽根つき・・・100回近くラリーが続いたコンビが何組もいて盛り上がっていました!
%B1%A9%BA%AC%A4%C4%A4%AD1.png
%B1%A9%BA%AC%A4%C4%A4%AD2.png

最近では、こういった昔ながらの遊びをする機会はなかなかないですよね。
3DSやスマホゲームでは味わえない、人と実際に関わることから生まれる楽しさを、これから出会うたくさんの子ども達に伝えていければいいですね!

「年末大掃除!」

今日は腕まくりをして年末の大掃除…、特に男性陣は寒い中、なかなかの体力仕事!高圧洗浄機で建物の外の気になる汚れを勢いよく落として、よりきれいにするためにブラシでゴシゴシ…。明日はもしかしたら筋肉痛になっているかも?
%C1%DD%BD%FC.png
体育の授業でお世話になった紅白ボールも洗濯後、干されています。ちょっと梅干しの天日干しを思い出したりして…(笑)
%B9%C8%C7%F2%B6%CC.png
2018年もそれぞれに色々な経験をしましたよね。来年はどんな年になるのかな?
皆様よいお年を・・・。

☆その後…

クリスマス礼拝の祝福を想いながら、聖歌隊の衣装の洗濯や、ページェントのお片付け…、整然と干されている真白い衣装もなんだか素敵…。学生の皆さん、ご奉仕ありがとうございました。
%C0%BB%B2%CE%C2%E2.png

☆京都ほせんのクリスマス

イエス様のご降誕を待ち望みつつ、ろうそくの灯りを1本ずつ灯して過ごしてきた礼拝(チャペル・アワー)、今日は4本めのろうそくが灯りました。
%A4%ED%A4%A6%A4%BD%A4%AF.png
…12月21日(金)学院に集う学生、教職員全員で守るクリスマス讃美礼拝です。
%A3%B3%A5%C1%A5%E3%A5%DA%A5%EB%A1%A1%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%DE%A5%B9.png
今年はカナン福音ルーテル教会から河 尚志 牧師がお越しくださり「飼い葉桶で、すやすやと」と題して、クリスマスのメッセージを届けてくださいました。
%A5%C1%A5%E3%A5%DA%A5%EB%A1%A1%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%DE%A5%B9%A3%B1.png
クリスマスの出来事、その本当の意味を知り、保育奉仕者として学ぶ学生一人ひとりの手が神様からの愛と希望を届けるものとなっていきますように…。


少し足を伸ばして〜東福寺編〜

秋の紅葉を見に行った時の様子です。
場所は東福寺です。京阪東福寺駅が最寄りです。駅の近辺は、いろんなお店が並び、観光客で賑わっています。休みの日のこういった場所には訪れますが、いろんなことを感じとらせてくれます。何をと言われると難しいのですが、見ているだけでも楽しい、とても大切な感覚のではなかろうかと思います。赤、黄、緑、いろんな色がミックスされて映し出される美しさ、寒い時期ですが、心も和みます。
阪急桂駅から河原町へ、少し歩いて京阪祇園四条駅から5分ほどで到着です。

%B9%C8%CD%D5%A3%B1.png
この色彩が良いと思うのですが・・・(#^.^#)

%B9%C8%CD%D5%A3%B2.png
建物も写してみました。

%B9%C8%CD%D5%A3%B3.png
京都の冬もお伝えできればと思います。
お楽しみに(^.^)/~~~


クリスマス

きよしこの夜 星はひかり、すくいのみ子は まぶねの中に なむりたもう、いとやすく

今年ももうすぐクリスマスがやってきます。私たち京都保育福祉専門学院は63年前、昭和30年の7月に神様のみ旨によって設立されました。以来、キリストの教えに従いキリスト教主義による児童福祉事業、保育士の養成に努めてまいりました。そんな京都保専にとっては、クリスマスは何をさておいても大切なものです。
 今年も例年通りキリストのご降誕をお祝いするクリスマスページェントや、京都基督教福祉会が運営する保育所、こども園、児童発達支援センター、介護老人福祉施設などを訪ねておこなう聖歌隊によるクリスマスキャロリング、トーンチャイムの演奏、クリスマス特別授業、そしてクリスマス賛美礼拝など、厳粛でかつ楽しく興味深いプログラムが目白押しです。
IMG_8697.JPG
他の学校同様京都保専にもクリスチャンの学生はほとんどいませんが、ノンクリスチャンの学生にとっては、初めてキリスト教のクリスマスを体験することで、クリスマスに対するこれまでの認識が一変し、厳かな雰囲気の中にも温かさがあふれる時を心に深く刻んでくれます。
IMG_8692.JPG   IMG_8674.JPG

京都保専のクリスマスの中にはサンタクロースやトナカイは登場しません。あくまでキリストのご降誕祖お祝いする厳かな時としてクリスマスを過ごします。
IMG_8696.JPG

神の御子は今宵しも ベツレヘムに生まれたもう。いざや友よ、もろともに いそぎゆきて拝まずや。

アドベント

アドベントとは、ラテン語で「到来」「接近」などの意味があります。クリスマスの前4週間をアドベント(日本語ではキリストの降誕を待つという意味の待降節)と呼んで、キリストを迎える準備をします。11月30日に一番近い日曜日がアドベント第1日(今年は12月2日)とされます。本学院でも学内に装飾をし、クリスマスへの準備をしました。

学院玄関のリース
yama1.jpg

学生玄関前のクリブ
yama2.jpg
各教室前の飾り
yama3.jpg yama4.jpg

12月5日に行われたチャペル・アワーでは、ろうそくに灯をともして讃美しました。ろうそくの灯りは毎週1本ずつ増えて、クリスマスには4本のろうそくに灯をともして礼拝をします。
yama5.jpg

12月21日(金)にクリスマス礼拝が行われます。その前日には、同法人の保育園や福祉施設への歌のプレゼント(キャロリング)のため猛練習中!!
yama6.jpg

教育実習

保育科2回生で幼稚園免許取得コースの学生さんは、11月05日(月)から総仕上げとなる10日間の「教育実習(後半分)」へ赴いています。

彼らは1回生の10月で「教育実習(前半分)」、02月で「通所施設実習」。2回生は5月で「生活施設実習」、10月で「保育所実習」、そして今回の実習となります。

実習期間中、教員は手分けして様子を伺いに彼らを訪問するわけですが…なかなか苦戦しているところが多いようです。

なぜか?

それは、配属園の方針を汲んだ関わりを自分が出来ているのか冷静に分析しようとしているからだと思います。

子どもとあそぶのは余裕。しかし、配属された園の先生(になる学び)としてオールマイティに携わることは出来ていない気がする…。

実習経験を重ねたからこそ揺れ動き悩む彼らと話しをしていて、私はそっと想います。「その悩む時間こそ、保育奉仕者になる大切な一歩です。」

子どもと腹一杯あそべると思って入学…学ぶなかで、原理や人に寄り添うことの興味と課題を覚え…無数に答えのある現実のなかで実践力を磨く今。

自分を中心とした関わりから、チームの一員としての関わり(協働)へと認識も変化し、明らかに思慮深い顔つきになっています。

とにかくがむしゃらなくらいでいいので、最後まで走り抜きましょう。

物事には走り切らないと分からない想い、たくさんあるのですから。

来週、学院で多様な経験談を伺えること、楽しみにしています(^O^)

検索


最近のエントリー

  1. カップヌードルミュージアムへ(休日(^.^)/)
  2. 卒業特別礼拝+卒業説明会
  3. お正月遊び
  4. 「年末大掃除!」
  5. ☆その後…
  6. ☆京都ほせんのクリスマス
  7. 少し足を伸ばして〜東福寺編〜
  8. クリスマス
  9. アドベント
  10. 教育実習