こんにゃくゼリー

 ゼリーは、手軽さや食べやすさから、保育現場だけではなく、老人福祉の現場でもおやつとして出されることがあります。僕も、風邪をひいて食欲がないときなどに食べることも多いです。
 こんにゃくゼリーは、一見ゼリーと同じように見えますが、実はまったく違う食べ物。メーカーのWebサイトには、こんにゃくゼリーのいいところが沢山かかれています。ただ残念なことに、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせて死亡するという事件が起こっています。
 こういった事件は1995年ごろに多発しました。そのため、こんにゃくゼリー大手のマンナンライフでは事故原因を検証し、その結果が「ハート型容器」になったそうです。以下、マンナンライフのWebサイトより。

こんにゃくゼリーに関する報道について

平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
過日、こんにゃくゼリーの事故に関する報道がありました。
以前こんにゃくゼリーブームの際、同様の事故が発生した経緯もあり、 弊社では「なぜ同じこんにゃく製品である板こんにゃくには事故がないか」を当時徹底的に検証いたしました。
その結果、事故の原因は硬さや大きさの問題ではなく「吸い込まなければ食べられない容器」が問題であり、 吸い込む事により事故が起こると弊社では判断しました。
この問題を改善するため、「ハート型容器の底をつまみ、押し出せば吸い込まずに食べられる」 安全性を追求した独自の容器を開発し対応してまいりました。
しかし、昨今のこんにゃくゼリーブーム再来により、過去の経緯も忘れられ、市場には何の改良もしていない、 当時のままの容器の商品が見受けられるのは残念なことです。
弊社では今後もさらに安全性の高い容器への改善を重ね、努力してまいりますので引き続きご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

確かに、板こんにゃくや糸こんにゃくで窒息死、という報道はほとんど聞いたことがありません。押し出して食べられるようにするという発想はさすがだと思います。でも、国民生活センターこんにゃくゼリーの事故によると、


平成19年5月23日の公表への反響として新たに寄せられた死亡事故(2件)
○父親が祖母にこんにゃく入りゼリーをスプーンで小さく切って与えていたところ、喉に詰まらせた。救急車で運ばれたが、低酸素脳症になり、3ヶ月後に死亡した。報道でこんにゃく入りゼリーの死亡事故を知ったが、事故数はもっと多いと思うし、危険性も思ったほど知られていないのではないかと思う。

といった、「小さく切って食べさせても、喉に詰まらせて死に至る」という事例も報告されています。とすると、容器の形状は関係がないのかもしれません。

このサイトでは、今回の報道にかかわる製品名とメーカーも公表されています。今後、国民生活センターや各メーカーでの対応がされると思いますが、こんにゃくゼリーにかかわる事故はこどもや高齢者にかかわる施設や現場で起こっていることが多いです。どのような食品であっても、福祉の現場では十分気をつける必要がありますね。

こどもみらい館

京都新聞に、こんな記事が載っていました。
「こどもみらい館」来館者400万人超 中京 親子に記念品贈る(京都新聞 2009年10月21日)


 京都市の子育て支援施設「こどもみらい館」(中京区)の来館者が21日、400万人を超えた。浅野明美館長が400万人目の親子に花束や記念品、認定証を贈り、節目を祝った。

こどもみらい館は、「京都市子育て支援総合センター」ともいい、京都市中京区・地下鉄丸太町駅下車3分という便利なところにあります。
「こども元気ランド」という遊戯施設や子育て図書館といった、小さな子どもがいる家庭が利用できる施設だけでなく、現役保育士や幼稚園教諭のための研修室・会議室もあります。それだけでなく同じ建物内には中京もえぎ幼稚園もあり、文字通り総合的な子育て支援をやっている施設です。
保育士・幼稚園教諭をめざす学生に対する講座もやっています。

と、公式サイトを見ていたところ、こんなページ(単独フレームが開きます)を発見(笑


 現職の園長から,「子育て支援の現場から見える保護者の姿」と題した講義を聞いていただきました。
講師 中江 潤 さん (桂保育園長,京都保育福祉専門学院講師)

京都ほせんの母胎である桂保育園の園長であり、京都ほせんでも授業をしてくださっている中江潤先生です。

こどもみらい館では様々なボランティア活動をされているようです。保育に興味がある方は、一度遊びにいってみてはどうでしょうか?

保育ママ

今朝の朝日新聞に、「保育ママ」の話題が掲載されていました(いま手元にその新聞がないので詳細を書けませんが…汗)。その中で、「京都市は「昼間里親」という制度で、保育ママ制度の歴史が50年以上ある」と書かれていたのが気になって、さっそくググってみると…

と、その前に、「保育ママ」の説明をさらっと。

保育所は0〜5歳(就学前児童)を対象として、施設で子どもを預かります。保育ママは、3歳未満の児童を、保育者が自宅(居宅)で預かります。京都市では1950年から「昼間里親」という名称で始まっており、先進的な取組として各地に広がりました。現在は京ベビーハウス(みやこべびーはうす)という愛称がつけられているようですね。

ここ最近の待機児童(保育所に入所申し込みをしているが、定員オーバーのため待機している=入所できない子ども)の増加にともない、保育ママに注目が集まっています。

京都市のサイトには昼間里親をされている方の一覧も載っています(が、これは個人情報としてどうなんだろう…一覧は必要だとは思うけど、難しいところ)。京都ほせんの卒業生の名前もあったりするんですよ。

検索


最近のエントリー

  1. ぶどう祭2015
  2. 明日は学院祭!
  3. しゃぼん玉♪
  4. 今日から実習スタート
  5. オペレッタ劇、終演後・・・
  6. オペレッタ劇 アニー編
  7. オペレッタ劇 白雪姫編
  8. オペレッタ劇 十二支編
  9. オープンキャンパス最終回!
  10. びゅんびゅんゴマを試作しました♪