« (紙芝居)「やすこちゃんがわらった〜キュックリッヒ先生の愛に育まれて〜」 | メイン

「匂いを嗅いで 食べた気になる」花岡 貴史先生

2018年9月26日(水)「匂いを嗅いで 食べた気になる」
聖書:エフェソの信徒への手紙6章9節
お話:本学院 保育科専任講師 花岡 貴史先生

 【学生の感想より】
 ・人権について、大事なことだと分かっていても、ベースに神の存在がないと理解がしにくいという話を聞いて驚きました。上下関係もある日本の社会において、平等は難しいかもしれませんが、福祉を学ぶ身としては、人権だけを知るのではなくキリスト教の部分も知って本当の人権を理解していきたいと思いました。
 ・この学院に入るまでキリスト教、教えなどしっかり知っていませんでした。宗教というくくりでしか見ていませんでしたが、平等(神のもとに平等)という教えは大切な考えだと改めて思いました。今までよいと思っていたことも考えたいと思います。
 ・人権や福祉の問題の本質を知るのであれば様々な国の考え方を知る必要があると考えた。
 ・子どもたちの人権を守る“先生”(大人)になるということをしっかりと心にとめて、日々の学びを大切にしようと思いました。

 本日の聖書箇所に「彼らにも、あなたがたにも同じ主人が天におられ、人を分け隔てなさらないのです。」とあります。この聖句を読むと同時に「私の目には、あなたは高価で尊い。(イザヤ43章4節)」という御言葉も重なり、私自身は神様が様々な形や言葉で一人ひとりが大切な存在であることを語りかけて下さっている事を改めて感じました。
 一人ひとりが神様から生命を与えられ、存在していることやその尊さを知り、理解していくことが、将来向い合う保育・福祉・幼児教育の関わりの場で、人権を守る働きをする者としての大切な土台になることを覚えて歩んでいくことができますように…。(専任教員 池田奈緒実)


About

2018年09月26日 16:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「(紙芝居)「やすこちゃんがわらった〜キュックリッヒ先生の愛に育まれて〜」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。