« 「見えないものを待ち望む」岡山 孝太郎先生 | メイン | 「訓練か誘惑か」寺田 悳英先生 »

「居場所をつくる」桜井 希先生

2018年7月4日(水)「居場所をつくる」
聖書:マルコよる福音書9章33〜37節
お話:同志社中学校・高等学校 聖書科教諭 桜井 希 先生


【学生の感想より】
 ・自分が保育者として受け入れられるためには、まず相手を受け入れ、居場所をつくることが大切だと考えました。
 ・すごく深い話でした。私は、相手の事より自分が先に考えてしまうので、してもらうことよりも与える人になりたいと思ったし、見返りを求めないという事も忘れず生きていきたいです。
 ・本日のお話を聞いて、相手のことを自分の都合の良い部分だけで見るのではなく、相手のありのままを受け入れることが、大事であり保育者に必要なものであるということがわかりました。居場所をつくるのは本当に必要なことだし、居場所があるということは本当に嬉しいものだと知っているからこそ、先生のお話には心に深く響くものがありました。

 以上、学生の感想の一部ですが、先生のお話より、単に日課をこなすのではなく、一人ひとりと向き合い、個性を尊重して丁寧に子どもたちと関わることの大切さ、子どもたちの心の拠り所にもなる保育士をめざすものとしての気づきにも繋がったのではないかと感じられました。個人的には、昔、「誰かの役に立ちたい。やり甲斐のある仕事に就きたい」と、障がい者福祉の職に就き、長く勤めましたが、仕事をしている中で利用者の生活を支援しているという傲りのある自分の居場所をつくって下さっていたのは他でもなく、生活する中で私を受け止めて下さっている利用者の方々だと痛感したことを思い出しました。
 今、福祉の現場は多忙です。でも、学生たちには将来、「忙しい時ほど優しく」を大切にできる保育士となってほしいと思います。
 試行錯誤の日々、真正面から子どもと向き合った桜井先生のお話から、忘れかけた大切なものを思い出させていただけた気持ちになりました。心より感謝申し上げます。(専任教員 石塚正志)

About

2018年07月04日 10:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「見えないものを待ち望む」岡山 孝太郎先生」です。

次の投稿は「「訓練か誘惑か」寺田 悳英先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。