« 「子どもたちと共に過ごすこととは」赤井 静代先生 | メイン

「(絵本)きみへのとくべつなおくりもの」

2018年6月13日(水)「(絵本)きみへのとくべつなおくりもの」
聖書:ペトロの手紙―4章10節(新約P433)
お話(読み聞かせ):専任講師 野崎 之暢先生

*絵本「きみへのとくべつなおくりもの」
  作:マックスルケード 絵:デイビット・ウィンゼル 訳:松波史子/いのちのことば社 フォレスト ブックス 2006年

 本日は通常のチャペルとは違った形で、絵本の読み聞かせが行われました。「きみへのとくべつなおくりもの」という絵本は、木ぼりの小人ウィミックたちと、その造り主であるエリとの関係を軸に語られているお話です。

【学生の感想より〜絵本のお話を通して、あなたが子どもたちへ伝えたいことはどんなことでしょうか〜】
.Εックたち(一人ひとり)に贈られたものは、今の社会に例えるとその人の個性なのかなと考えた。それぞれが得意なことをして助け合っていた。人のできないことをせめるのではなく、自分のできることをして助け合って生きていければ良いと感じた。自分の目線だけで判断してはいけないと考えた。他の目線からみると必要なものである場合もある。
一人ひとりそれぞれが違い、違った良さがあり同じ人はいない。他の人の良い所を認め合って一人ひとりが自分の力を発揮できることが大切だと伝えたい。
子ども一人ひとりに得意なことがある為、その得意なことをもっと伸ばして皆で協力して物事に取り組むことの大切さについて子どもに伝えたい。

 絵本の内容としては、各々に自分たちの好きなおくりものが誰からか送られてきて、困った家族をそのおくりものを使って助けることに気づき、一人ひとりが与えられた賜物を活かして助けるというストーリーとなっていました。途中で送り主から「何かをしようとしてくれてはいるがやり方が間違っているのだよ。」と助言をもらい大きな気づきとなるシーンがありました。私はそのシーンが印象的で一生懸命保育に関しての学びを深めようとする学生に教員としてやり方を助言できる立場にならなければならないと自分を鼓舞することに繋がりました。
 長所・ストレングスを活かしてチームで子ども達や保護者と関わるという視点においてはこのお話と保育現場は相通ずる所があり、学生も私も大きな発見ができた時間となりました。ありがとうございました。 (専任教員:河北 彬充)


About

2018年06月13日 11:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「子どもたちと共に過ごすこととは」赤井 静代先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。