« 「想いをつむぐ」中江 潤先生  | メイン | 「発見される喜び」 木原 桂二先生 »

「生命(いのち)の輝きにふれて」石塚 正志先生

2018年5月16日(水)「生命(いのち)の輝きにふれて」 
聖書:コリントの信徒への手紙一 13章4〜7節・13節
お話:本学院 保育科専任講師 石塚 正志先生

【学生の感想より】
・自分が一生懸命関わった人達はどんなに重度の障がいであってもつながりを覚えてくれているという言葉が印象的でした。自分はまだそこまで向き合えるか自信がありませんが、子どもを相手にした時でも自分の目指すどんな仕事をする時にでも心に留めておきたいなと思いました。きらめきや奇跡、感動を信じてこれからも学び仕事に繋げていきたいです。
・障害を持っているイコールできないではなく、可能性を信じて関わる大切さを思いました。
・子ども、利用者のために職員は互いに話し合い、助け合いながらいつも心が通じ合うことを信じて取り組むことはとて素敵なことだと思いました。福祉の仕事は「きらめき、奇跡、感動」の3Kというお話を聞き、それらを体験できるように色々なことに取り組もうと思いました。お金には変えられないやりがいのある仕事だと仰っていました。私もやりがいを感じられるように頑張ります。

 石塚先生は、15年の障がい者福祉の現場でのご経験から福祉の仕事への想いについて語って下さいました。実際に経験された関わりを通して、先生は最後に福祉の仕事の魅力について「きらめき、奇跡、感動、そして感謝」と語られました。保育福祉について学んでいる学生一人ひとりにとってそれらを感じる体験が与えられますようにと祈ります。
 信じて、その人と一緒に希望をもって歩む福祉の仕事、そこに込める「愛」ってなんだろう…、先生のお話と本日の聖書箇所から深く考えていく機会が与えられました。感謝致します。(専任教員 池田奈緒実)

About

2018年05月16日 10:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「想いをつむぐ」中江 潤先生 」です。

次の投稿は「「発見される喜び」 木原 桂二先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。