« 「愛の反対」岡本 匡弘先生 | メイン | 「想いをつむぐ」中江 潤先生  »

「学院の歴史」池田 奈緒実先生

2018年5月2日(水)「学院の歴史」
聖書:詩編121編 1〜8節(旧約p.968)・箴言:3章6節(旧約p.993)
お話(説明):専任講師 池田 奈緒実先生

【学生の感想】
,海粒惺擦創立されてから60年ほどの歴史がありますが、一代目中江正治学院長は元々病を患っておられたことを初めて知りました。その病床生活の中で学院の基であるキリスト教を学ばれ学院を造られたことがすごいと思いました。創立されてからも何度も色々な変更や校舎を増築したり、問題を乗り越えこの学校が良い方向に変化して行っているんだなと思うと感謝の気持ちが出てきました。

△覆爾屬匹Δ離沺璽なのかと思っていたが今日ようやくルーツを認識しました。保育に限らず社会福祉のニーズを感じて事業を展開されていったことを知りました。私にとっては社会福祉に大変関心があり保育にとどまることのない学院の方向性が大好きです。改めてそこで学べることをとても有りがたく思いました。学生生活は厳しいが現場はもっと厳しいということを重く受け止めました。そして「保育は人なり」という言葉を改めて認識して学んでいきたいと思いました。話を聞いて再び聖書を開いた時とても印象に残りました。人を人として大切にしてくださる学院に感謝します。

N鮖砲△覲惺擦畔垢い討い泙靴燭こうやって教えていただいたことでしっかりと自分の知識として学ぶことが出来ました。ベビーブームの時代ということもあったかもしれませんがその時代に保母講習会を開いたりする先見性がすごいと思った。「偉い人、立派な人ではなく人と共に歩む」という言葉がとても心に残りました。保育の道を選んだことこの学校に入ったこと指導者、仲間と出会えたことに感謝し2年間無駄に時間を使わず真剣に取り組んでいきたいです。

 本日は学院の歴史ということで、スライドを見ながら約60年以上に渡って西京区で保育士養成に携わってきたこの学院とその母体である京都基督教福祉会の始まりや、時代に伴う学科編成の変更など初代から現在の学院長先生のお働きと共に振り返りました。一言で60年と言ってもピンと来ないものですが、具体的に写真や資料を見ながらこの学院の発展を支えてきた先人(現場で活躍する卒業生)たちの想いや苦労を知る時、新しく入った学生も「気持ちが引き締まった」、「この学校にはいれてよかった」という気持ちになり、また私たち教職員も“初心を忘れず”という気持ちになれた気がします。(専任教員:花岡貴史)

About

2018年05月02日 14:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「愛の反対」岡本 匡弘先生」です。

次の投稿は「「想いをつむぐ」中江 潤先生 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。