« 「預かっているもの」入 治彦先生 | メイン | 「愛の反対」岡本 匡弘先生 »

「DVD“とっておきの賛美歌物語”より「アメイジング グレイス」

2018年4月18日(水)チャペル・アワー

聖書:エフェソの信徒への手紙2章1節〜10節
お話:DVD“とっておきの賛美歌物語” より「アメイジング グレイス」
 [ライフエンターテイメント(いのちのことば社/ライフ企画)2008年]

 今年度最初のチャペル・アワーは、賛美歌「アメイジング グレイス」の誕生にまつわるエピソードをDVDにて鑑賞しました。
 “驚くばかりの恵みなりき この身の汚れを知れるわれに”この賛美歌の最初の一節に表されているように、神をも恐れない背徳の人生を送っていたこの賛美歌の作詞者ジョン・ニュートンは、神さまからの恵みによってその心、生き方を変えられ、牧師となり、生涯自分の犯した罪を忘れず、そこに働いて下さった神様の愛、救いの恵みを伝えていきます。

【学生の感想より】
・自分がしてきた事を見つめ直し、神に対して感謝の気持ちを持つようになったニュートンはとてもすごいと思いました。今まで何気なく聞いていた曲でしたがDVDを見て、これからは歌詞の意味をよく理解して聞こうと思います。
・神に心をつなぐ賛美歌「アメイジン・グレイス」は誰もが知っている曲ですが、作詞者の人生が詰め込まれていて愛や赦すことの大切さについて考えさせられました。失敗や過ちは神が人に何かを伝えているのかもしれないですね。
・現在ではキリスト教徒の方々だけではなく広く知られている「アメイジング・グレイス」ですが、その誕生には1人の人生観が表されていたのだと知りました。きっと、この賛美歌だけでなく他にある数多くの賛美歌にもそれぞれに背景を持っているのだなと考えた。ただ歌うだけでなく、意味を知って歌うとまた違う見方ができるのかなと思った。
・アメイジング・グレイスの歌詞を読んで、彼が神から受けた恵みの有難さ、感謝が崇高な音楽と共に歌詞に表れていると思った。
・誰でも失敗や罪を大小に関わらずもっているが、赦しを得てそこからまた何かを生み出すことが出来る、立ち上がれると希望をもらいました。ステキな賛美歌で好きです。

 賛美歌一曲一曲に神様が一人ひとりへと語りかけて下さる大切なメッセージがあることを改めて思います。学院に入学して初めて賛美歌に触れた学生さんも多いと思いますが、2年間の学生生活の中で大切にしたいと思える賛美歌、自分を支えてくれる賛美歌にどうか出会うことが出来ますように…祈。(専任講師:池田奈緒実)

About

2018年04月18日 12:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「預かっているもの」入 治彦先生」です。

次の投稿は「「愛の反対」岡本 匡弘先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。