« 「しなやかに強い心」堂腰 きみ子先生 | メイン

「預かっているもの」入 治彦先生

2018年2月26日(月)卒業・修了特別礼拝「預かっているもの」
聖書:マタイによる福音書 25章14〜27節
お話:日本キリスト教団 京都教会 牧師 入 治彦先生

【学生の感想より】
・預かったものを増やして返すということは、保育士の仕事と似ているのかなと感じた。保護者からお預かりした子どもの成長を手助けして(増やして)お返しする。そして当たり前のことだが、そこにいる子どもは自分のものでなくお預かりしているだけなので、しっかり一人の人間として尊重して接することが必要だ。

・預かったものをどう使うかによって変わってくることが分かった。何もしないよりかは何かチャレンジをして後悔した方が良いし、何もしないで後悔するよりは断然成長もできると感じた。

・お話の中で預かったものはお金だったけれど、私たちは保育の知識や技術をこの学院で預かりました。しかし、私たちが返さなければならないのは学院の先生方ではなく、春からお世話になる勤務先の施設の子どもや利用者の方々です。今卒業や資格取得できたことに満足するのではなく、預かったものを生かしていけるよう努力していきたいです。

 
 卒業・修了特別礼拝における先生のお話は、このときに集った学生が、今春から保育奉仕者として巣立つにあたり、大変深く心に残るものであったと思います。心より感謝しております。するべきことをし、自分を磨き続けていくことで、きっと神からお預かりしたタラントン(賜物)が価値あるものとして使われていくことでしょう。
 ありがとうございました。(専任教員 森阪万季)

About

2018年02月26日 16:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「しなやかに強い心」堂腰 きみ子先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。