« 「園の子どもたちのクリスマス」中江 潤先生 | メイン | 「しなやかに強い心」堂腰 きみ子先生 »

「病児たちに培われた愛と希望」佐原 良子先生

2018年1月10日(水)「病児たちに培われた愛と希望」
聖書:コリントの信徒への手紙二 1章3〜7節
お話:心臓病の子どもを守る京都父母の会「パンダ園」代表 佐原 良子先生

【学生の感想より】
・「病気を持った子どもが自分自身を受け入れる、家族もそれを受け入れられる場所がパンダ園だと学ぶことが出来ました。『病気の子どもの友達になるために生まれてきたんだね』の言葉に今、自分が置かれている場所、立場を恨めしく思ったりしている自分がいることにはっとさせられ、頑張らなければという想いになりました。」

・「天にいる天使さんこそ小さいパンダ園を今のパンダ園にしてくれた。亡くなった子がかわいそうではなく、素敵な仕事をしてくれたという言葉が心に残りました。」

・「人と人とが支えあって生きているのだと思いました。佐原先生は自身がお子さんを亡くされているのだと聞いてとても悲しくなりましたが、その辛い悲しい思いが今の佐原先生となっているのだと思いました。」

・「サンタてんし3さい」の絵本を読んだことがあった。今まで、読んだ絵本と違って読んだ後に考えさせられる話だった。そういう本を書かれた先生がいるパンダ園をもっと知りたくなった。」

 
 本日はパンダ園代表の佐原先生にお話をしていただきました。毎年、先生からパンダ園のお話をこのチャペル・アワーで聞かせていただいていますが、何度聞いてもいたたまれない思いになります。佐原先生やパンダ園の方々、そして保護者の方々の想い。幼い子どもたちが天に召されていく経験を継続しながら展開される支援、この耐え難い苦しみと悲しみを乗り越え、子どもたちに愛と希望をもらい、それを活動の力に変えて進んで行かれます。その心の強さはやはりその培われた愛と希望から来るのです。きっと誰もが継続できる活動ではないと思います。
 今回のお話から学生が、福祉の仕事は学校で学ぶ専門性だけではなく、愛と希望いう対人の実践でしか学ぶことが出来ないということ、またその大切さを少しでも理解できたのではないかと思っています。ありがとうございました。
(専任教員:花岡 貴史)

About

2018年01月10日 09:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「園の子どもたちのクリスマス」中江 潤先生」です。

次の投稿は「「しなやかに強い心」堂腰 きみ子先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。