« 「その一匹を見失ったとすれば」後藤 正敏先生 | メイン | 「神は我々と共におられる」正木 牧人先生 »

「貧しい人々は本当に幸いか」前川 修先生 

2017年11月22日(水)「貧しい人々は本当に幸いか」
聖書:ルカによる福音書 6章20〜23節
お話:社会福祉法人カトリック京都司教区カリタス会/希望の家児童館 館長 前川 修先生

【学生の感想より】
・心の壁を作らない人間関係が子どもの頃から出来ている子は、大人になっても、きっと良い人間関係が築けると思いました。また、希望の家児童館の子ども達は大人から教えられたのではなく、子ども達の中で学べているのが素晴らしいと思いました。
・子どもが仲間の事を認めて、周りに理解するように働きかける優しい話を聞くことができて心が温まった。大人が言ってできるようになるのではなく、子どもの内から自然に湧き出ることが大切だと思う。「今飢えている人は幸いである」この言葉を受け入れるためには、今の苦しみを受けとめて、希望を見出した時にこの言葉が入ってくるのではないかと思う。
・「福祉の仕事はきれいごとでは出来ない。」という話を聞いて、楽しいことばかりではないし泣きたい時や苦しい時もあると思うので、子ども達に寄り添って一緒に泣いたり笑ったりしていきたいと思いました。聖書の話では、イエスは貧しい人々は苦しんでいる、困っているから神様は助けてくださる=幸せなのだ。と話を聞いてそういう考えもあるのだと思いました。

 今日の聖書、ルカによる福音書で、そこには、「貧しい人は幸いである・・・」と書かれてあります。福音書とは、イエスキリストの行いを書かれたものであり、マタイによる福音書では同じ内容のことを「 "心の"貧しい人は幸いである…」と書かれています。今、現実に貧しさや、苦しみ、悲しみ、絶望の中にいる人は本当に幸いなのか・・・イエスは、その人達と共に泣きながら、叫びながら、それと共に生きておられたということです。そのことから、福祉の原点はそこにあるということを学びました。
 上記感想の他にも多くの学生が、「困っている人、苦しんでいる人、辛い思いをしている人や子どもに寄り添い、共に感じ、少しでも和らげられる人になりたい」という感想を書いてくれています。
毎回のチャペルアワーや、日々の学びの中で、学生達の 「成長」 が感じられることに喜びを感じます。(専任教員:山恭代)


About

2017年11月22日 16:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「その一匹を見失ったとすれば」後藤 正敏先生」です。

次の投稿は「「神は我々と共におられる」正木 牧人先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。