« (DVD)「米子さんのVサイン」 | メイン | 「保育士として歩んでいく。これまでも、これからも」大井 宜和先生 »

「あたたかい生命と温かいいのち」福井 生先生

2017年10月4日(水)「あたたかい生命と温かいいのち」
聖書:コロサイの信徒への手紙3章16節a
お話:知能に重い障がいをもつ人たちの生活施設 止揚学園 園長 福井 生(いくる)先生

 先生は過日、天に召された止揚学園の仲間、ジュンナさんとの生活を中心にたくさんの想いを語られました。
 学生さんから出されたレポートにはまず何よりも「障がいをもつもたないに関わらず、仲間として生活している。」という概念そのものに感銘を受ける声が多く聞かれました。
 そして先生が幼い頃、仲間と共に学校に通うエピソードを通して、人と人とのつながりについて明確にイメージ出来たコメントも見られました。
 その上で、「相手に対して『どうすれば良い?』と問うだけでなく、『(相手を)信じる姿勢が大切である』」という想いが深く気持ちに残った様子に…学生さんたちの福祉に対するセンスの良さにも改めて感心させられた次第です。
 生活するなかでうまれた詩(うた)を止揚シスターズ(西竹先生、東舘先生)が優しいピアノの音と澄んだ歌声で奏で、ジュンナさんという素敵な女性のお人柄そして豊かな歩みを共有できる貴重な時間となりました。
 先生、ありがとうございました。
(専任教員 野之暢)

About

2017年10月04日 08:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「(DVD)「米子さんのVサイン」」です。

次の投稿は「「保育士として歩んでいく。これまでも、これからも」大井 宜和先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。