« 「神さまの手のひら」河 尚志先生 | メイン | (CD)「葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜」 »

「かべ」 岡本 匡弘先生

2017年9月13日(水)「かべ」
聖書:エフェソの信徒への手紙4章26節
お話し:本学院学院長 岡本 匡弘先生

 お城の壁などの物理的な「かべ」、スポーツ選手の記録の「かべ」など色々な「かべ」についてのお話しもありましたが、主に自分自身の目標としての「かべ」、そして人との間に存在する心の「かべ」についてお話しがありました。
 まず対人援助の仕事を志す学生さんにとって人との間の「かべ」は支援する方や、一緒に働く職員さんとの関わりで重要になってきます。
そして自分自身の「かべ」。これから卒業までの間に自分自身の「かべ」を乗り越え、また更に高い「かべ」に挑戦する心。自分だけではなく仲間と共に「かべ」を乗り越えるために意見を出し合い協力する力。
 自分自身の「かべ」に向き合うことは辛い気持ちになることもきっとあると思います。しかしそれを少しずつ乗り越え、新たな自分に出会いうことで、素敵な対人援助者として成長してほしいと思いました。

【学生の感想より】
・この学校に入学した時は第一印象で人の性格や特徴、人格を決めつけ壁をつくり、合う、合わないを判断していたところがあり、今になって少しずつ自分が思ってた印象が間違っていたとかんがえさせられるところがある。自分にマイナスになる「かべ」をつくるのではなくプラスに働く「かべ」をつくることが大切だということを感じた。
・これから大人へ近づいていく中で、まだまだ未熟で甘えてしまうところがたくさんあるので、しっかりと自分自身をコントロールできるようにしたいと思いました。壁に当たっても諦めない強さを身に付けたいと思います。
・相手の負担にならない「依存」。「利用者に支援者は依存している」という話はなるほどなあと思った。支える、支えられるの関係だけではないということから、人と人との関わりだということを感じた。
・学院長のお話でもあったように、ありのままの自分を表現することがベストではあるが、まずは相手の気持ちや考えに共感することを心掛けたいと思う。

(総務部 本松寛子)


About

2017年09月13日 19:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「神さまの手のひら」河 尚志先生」です。

次の投稿は「(CD)「葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。