« (CD)「葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜」 | メイン | 「あたたかい生命と温かいいのち」福井 生先生 »

(DVD)「米子さんのVサイン」

2017年9月27日(水)
DVD「米子」ライフ・エンターテイメント(いのちのことば社/ライフ企画)2007年より
「米子さんのVサイン」(講演&ドキュメンタリー)
聖書:コリントの信徒への手紙供5章17〜18節

【学生の感想より】
・あたえられた命の大きさを感じ、人生って人間それぞれ違うと感じた。障がいってあらためて何だろうと思った。
・神様に与えられた命なのだから、精一杯生きようと米子さんに教えてもらった。とても感動した。
・指が3本あって、出来る事をしていくところが、米子さんの強い所だと思いました。
・何もできないのではなく、何でもできる。それがわかり、「私は今のままでいい。急がず今日をがんばろう!!」と思えた。自分で限界を決めず、前向きに積極的に身を投じようと思う。

 母親の死がきっかけで何のために生きているのかわからなくなり、17歳のときに電車に飛び込んだ米子さん。奇跡的に命をとりとめましたが、両足と左手を失い、残った右手の指は三本に。そんな中、病院に見舞いに来てくれた青年との出会いがきっかけで「私の指、三本もあるんだわ!」という人生に変わりました。

 「目が見える、見えない。足がある、ない。そんなのは障がいじゃありません。ここからそこへ行くのに、義足で行ったって、車いすで行ったっていい。動ければいいっていうことでしょう」「じゃあ何が人生において障がいなんだろうというときに、目の前にいる人を許さないとか、いつも後悔ばかりで後ろ向きで、すぐ近くにいる人の愛が感じられない。そんな心を持っていることが障がいなのです」
・・・米子さんが講演の締めくくりにこのように仰った言葉が印象的でした。
(総務部:大平裕実)

About

2017年09月27日 09:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「(CD)「葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜」」です。

次の投稿は「「あたたかい生命と温かいいのち」福井 生先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。