« 「笑顔を引き出す力」神田 美子先生 高谷 恵美先生 | メイン | 「『自分自身を愛する』ということ」木原 活信 先生 »

「各々に与えられた役割を果たす」櫛田 恵里子先生

2017年7月5日(水)「各々に与えられた役割を果たす」
聖書:ルカによる福音書10章38〜42節
お話:社会福祉法人峰山福祉会 峰山乳児院 施設長 櫛田 恵里子先生

 本日は、「各々に与えられた役割を果たす」と題して、峰山乳児院施設長の櫛田先生がお話をして下さいました。聴き上手なマリアと気が利きよく動くマルタの2人の姉妹。イエス様は、それぞれの持ち味を生かすということを大切にされていることが聖書から伝わります。ここで本日の学生の感想をみていきます。

 ・それぞれに持ち味があり、比較する必要などないというメッセージが込められていたように感じます。私たちがめざす仕事は、子どもたちを比べるということは絶対してはいけないことだと思います。子どもたち一人ひとりの想いに心を寄せて話を聴くこと、言葉にはできない泣き声から欲求を汲み取ること、目には見えない愛を届けることを大切にしたいです。
 ・完璧な人などいないと知りました。就職をすると、大切なことや楽しいことがあるが、得るものはとても大きいと感じました。そして、乳児院は、とても小さい命をあずかっているので、1つ1つ気を付けることがあると思いました。子どもの泣き声で、何を求めているのか察知できる保育士になれるとよいなと感じました。今回のお話では、自分に与えられた仕事をしっかりとこなすことが大切だと学びました。
 ・第5代学院長であった中江学院長と直接、私たちが関わることは残念ながらありませんでした。中江先生と関わった櫛田先生からのお話を聴き、間接的ではありましたが、とても素晴らしい方ということを知りました。その方がおられるだけで安心でき、存在感があり、櫛田先生も一緒の空間にいるだけで嬉しかったとおっしゃっていました。

 先月の6月21日に神様の御許に召された第5代学院長中江素子先生は、その空間にいるだけで安心できる存在感のある先生でした。7月17日には、学院にてお別れの会があり、沢山の卒業生や教職員の方々、福祉関係の方々が出席されました(多くの方々に愛された中江先生のお人柄が伺えます)。
 永きにわたり親交があった櫛田先生からは、中江先生は聴き上手で人を受容することができる『マリア』のような存在だったというお話がありました。
 実際に中江先生のご講義を受ける機会は、本日参加した学生たちにはありませんでしたが、そこに静かに傾聴する学生たちの姿があり、中江先生のお人柄は櫛田先生を通して感じることができました。中江先生が心ある保育士養成に全力を向けて築かれた学院が、今なおその歴史を紡いで、在学生たちは日ごとに成長しております。
 櫛田先生、本日はありがとうございました。(専任教員 石塚正志)

About

2017年07月05日 09:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「笑顔を引き出す力」神田 美子先生 高谷 恵美先生」です。

次の投稿は「「『自分自身を愛する』ということ」木原 活信 先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。