« 「各々に与えられた役割を果たす」櫛田 恵里子先生 | メイン | 「神さまの手のひら」河 尚志先生 »

「『自分自身を愛する』ということ」木原 活信 先生

2017年7月12日(水)「『自分自身を愛する』ということ」
聖書:ガラテヤの信徒への手紙 5章14節
お話:同志社大学社会学部教授 社会福祉学博士 木原 活信 先生

 自分の存在価値が見いだせず、自分を好きになれない、許せない自分を罰するためにリストカットをし、そこから生きているという快感を得る若者(特に女性に多い)…木原先生がはじめに話された日本の現状に、若者である学生たちの感想には驚きもある一方で、その想いに対して「分かる」「自分にも難しい」と、今まさにその課題に向き合っていることが伺える内容や、「昔の自分ならそう答えていたと思う」とその頃からの意識や心の変化について振り返っている内容がありました。

 先生は、聖書に示されているのは「自分を愛しなさい」という命令ではなく、「隣人を自分のように愛しなさい(あなたが自分を大切に想うように隣人を大切にしなさい)」であると話され、「自分自身を愛しなさいとは言いません。けれども「愛せない」という叫びは本物と偽物の愛を見抜くセンスがあるからこそ。どんな自分も愛して下さる神様がおられること、目には見えなくても一人ひとりに完全な愛をもって働きかけて下さっていることに目を向けてもらいたい」と語りかけて下さいました。
 
【学生の感想より】
 ・今日の先生のお話には驚くことがたくさんありました。中高生に自分が価値があるとは思っていない人がたくさんいること、リストカットはそんな日本の現象だということです。そういった想いや辛いことがあっても愛されていることを知ることで強くなり、人のために生きたいと思われた人の話を聞けて、私も含めそういう考え方になる人がたくさん増えていくと良いなと思いました。
 ・自分が価値のない人間だと思うか…昔の私は思わないと答えていただろう。リストカットしている子の気持ちは分かるところがある。私はポジティブになりたいという自分の気持ちから努力し、大分前向きになれたと思う。自分を愛することが前よりはできていると思う。周りからの愛をいっぱい感じている。しかし、先生の言葉から自分を愛せない時があるときは「神様からは愛されている」と思うことを心に留めておきたい。
 
 「神様はどんな人も決して見捨てない、自分を無価値だと思う者にも真の愛で愛して下さっている。その確信を持てた時、人は変えられる」と先生ご自身の体験も踏まえて語って下さったメッセージに大きな励ましをいただきました。
 一人ひとりに注がれる神様の愛を感じることは、保育奉仕者として「いのち」に寄り添っていこうとする学生の大きな希望に繋がっていくように思いました。(専任教員 池田奈緒実)

About

2017年07月12日 09:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「各々に与えられた役割を果たす」櫛田 恵里子先生」です。

次の投稿は「「神さまの手のひら」河 尚志先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。