« 「雑」岡本 匡弘先生 | メイン | 「共に生きる」秋山 あゆみ先生 »

「大切なのは『目に見ること』だけ?」

2017年6月7日(水)「大切なのは『目に見ること』だけ?」
聖書:マルコによる福音書 4章26~29節
お話:日本基督教団 紫野教会 牧師 ・紫野幼稚園 園長 渡邊大修先生

[学生の感想より]
・渡邊先生がおっしゃっていた様に、目に見える成長や関わりは保育をする上で当たり前のことであるが、目に見えない事柄は容易なことではない。キリスト教保育にはそれがあり子どもたちの心を読み保育するのは難しいことだが幼児期には大切な行いだと思う。
・目に見える事柄を伸ばせるように努め、喜びを共有し共に成長して行けるように努めることは大切ですが出来るように、伸ばせるようにということだけに一生懸命になるのではなく、目には見えない事柄心の育ちを養うことも大切なことだと学びました。
・目に見えないものを育てると、その子どもは心が豊かになる魅力的な子となると言う先生の言葉がとても印象的でした。目に見える成果を求めたり評価しがちだが、心を育てなければいけないとわかりました。これからしっかり勉強して行きたいです。
・今日の話をお聞きして目に見えない部分がきれいな人はすべてがきれいだと思った。乳幼児期の一番基礎を作る時期の関わりは、その人の一生に関わることくらい大きなことだと感じた。

 
 本日は渡邊先生から「大切なのは『目に見ること』だけ?」というテーマでお話しをしていただきました。物事は目で見える範囲で判断しがちになるが、特に乳幼児の発達では見えない部分の成長を見る力が求められるということでした。先生の職場である幼稚園に即したお話ではありましたが、何事も自分の目に見えている部分だけで全てが見えてしまっているように思ってはいけないという対人援助の基本を改めて考えることが出来ました。
(専任講師:花岡貴史)

About

2017年06月07日 18:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「雑」岡本 匡弘先生」です。

次の投稿は「「共に生きる」秋山 あゆみ先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。