« 「学院の歴史」池田 奈緒実先生 | メイン | 「愛ってなんだろう」木原 桂二先生 »

「共にあゆむ」中江 潤先生

2017年5月10日(水)「共にあゆむ」
聖書:ヨハネの手紙一4章19節
お話:本法人(京都基督教福祉会)理事長/桂ぶどうの木保育園園長 中江 潤 先生

[学生の感想より]
・表面的な関わりだけでなく子ども、保護者の心の内に入り共に考え、共に知り、共に寄り添い、共にあゆむ…、このような関係性を築いていけるような保育者になりたいと思った。相手の気持ちや心の内を知ることは簡単ではない。知るためにはどのような関わりを行えば良いのか、考えさせられました。
・産まれる前から今までどんなあゆみがあったか、10人いれば10人それぞれ違うから、その子ども、家庭にあった支援をしていかないといけないと思いました。共にあゆむ、共に生きる、共に〜するために自分が今、何ができるかということを考えないといけないと思いました。
・不安や限界など抱えながらも子どもと向き合い子育てされてきた保護者の方、子ども達と私たちは出会い、一緒に成長していく職業に就くのだと気が引きしまる思いになりました。
・私が今度実習させていただく施設では「共に」ということを大事にされているので、「共に」とはどういうこと?どうしたら「共に」になるのか?とずっと考えていますが、考えれば考えるほど難しくなります。中江先生は「共に」=平和、平和のためにどんな努力をしているか?と話されていてまた難しいと感じました。でも、平和の第一歩はあたたかい心、広い心を持つことなのかなと思いました。
・多文化を受け入れるということは「共にあゆむ」という視点でも大切だと思いました。狭い視点で考えるのではなくて、広い視点で考えることも大切な事であると思いました。

 
 「共にあゆむ」というとき、それは誰と、何を大切にして…?向き合う方々の持つ様々な歩みと想いに心を寄せる努力をどんな風にしていくのか…、一人ひとりが改めて自分自身に問いかける時が与えられました。そして、神様に愛されている私たち一人ひとりが、この地上で共に生きるお互いを大切に想い合い、寄り添い合うことが「共に=平和」なあゆみへと繋がっていくことを思うときとなりました。
(専任教員 池田奈緒実)


About

2017年05月10日 13:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「学院の歴史」池田 奈緒実先生」です。

次の投稿は「「愛ってなんだろう」木原 桂二先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。