メイン | 「共にあゆむ」中江 潤先生 »

DVD「三本の木」

2017年4月19日(水)チャペル・アワー
DVD「三本の木」ライフエンターテイメント(いのちのことば社/ライフ企画)2007年
聖書:コヘレトの言葉3章10〜11節/エレミヤ書29章11節

 2回生にとっては今年度第1回目のチャペル・アワー…、本日は「三本の木」という伝説の物語がアニメ化されたDVD教材から学びました。「オリーブ」「カシ」「マツ」の三本の木の夢と、神様のご計画をテーマにした物語です。


【学生の感想より】
 ・物事の流れには何かしらの順序や意味があり、いつか夢が現実になることを信じていれば、その夢に近いあるいは自分の思い描く夢以上のものも神様は与えてくださることがあると感じました。今2回生となり、進路を迷ったりするときです。この時に、妥協せずに自分の夢に向かって努力を惜しまず諦めずに取り組んでいきたいと思います。
 ・夢が叶わなくても叶っても夢を持つということが大切だと感じた。たとえ、自分が思っている夢でなくても必ず輝ける時はくることを学んだ。
 ・すべての事に意味があって、その一つひとつの事が繋がっているということを感じることができた。


 人は夢が叶えば喜び、夢破れると悔やみ悲しむ。夢叶っても夢破れても人は新たな夢や希望を持ち前に進む。生きるうえで大切なことは、今自分が置かれている状況や環境から夢や希望を見出し、それに向かって前進すること。その過程で喜びや悲しみ、様々な感情と向き合い成長していく。一言で表すと「夢を持ち続ける」ということが大切だと感じた。
私にも夢がある。その夢が叶う保証はどこにもない。それでも夢に向かって前進し、夢叶えば喜び、叶わなければ悲しみに浸るのだろう。そして、また新たな夢を見つけ前進する。この「夢を見つけ前進する」という繰り返しが、私という人間を形成している。この先もこの繰り返しのなかで、私にしかない人生というストーリーを一歩一歩大切に歩んでいきたい。(総務部 杉本 真)

About

2017年04月19日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「「共にあゆむ」中江 潤先生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。