京都ほせん チャペルアワー

2019年01月16日

「神と人に愛される子ども」中江 潤先生

2019年1月16日(水)「神と人に愛される子ども」聖書:ルカによる福音書2章41節〜52節
お話:本法人(京都基督教福祉会)理事長/桂ぶどうの木こども園 園長 中江 潤先生

【学生の感想より】
・子どもはみな神様から愛されていることのシンボルでもある。「神と人に愛される子ども」という想いをかかげて、先生の園でも同じように考えていることにキリストとのつながりがあるのだと知れました。
・子どもたちが自分のことを認め、自分も他者も愛し、愛される子になるために、保育者が愛を育むことが大切だと感じました。
・神と人に愛されたというのは、イエス様だけではなくどの子も愛されているのだと分かった。
・愛を持って接すること、寄り添うこと、その過程が愛になっていくのかなと思った。今日の讃美歌の“愛は忍耐”に納得した。

 今日の聖書の箇所ではイエス キリストの少年時代に触れ、子供から大人へと成長するイエス自身が、自らを神の子と自覚し、20年後の自身の活動を予見させています。
 愛する、或いは愛されるということにはどのような意味が込められているのでしょう。そして、対人援助者として巣立っていく学生たちは“愛”についてどのようにとらえるべきなのでしょうか。中江先生曰く「愛とはすべてを受け入れることができる力」である。偏見や先入観、偏狭な価値観を捨て、相手をあるがままに受け止めることができる力こそ愛の根底をなすものだということです。しかし、これは頭ではわかっていても実際にそのように振舞うというのはとても困難なことです。しかし、私たちは相手をあるがままに受け入れるということを片時も忘れず、そのように努めることはできるはずです。対人援助者として働くことを決めた学生一人ひとりに、このことを常に心にとめておいてくれることを願ってやみません。(総務部職員 今井 泰二)

2019年01月09日

「ちょっとずれてる方がいい」入 治彦先生

2019年1月9日(水)「ちょっとずれてる方がいい」
聖書:コリントの信徒への手紙供12章7b〜10節
お話:日本キリスト教団 京都教会 牧師 入 治彦

【学生の感想より】                                                   
・自分の弱さ・欠点は何かと改めて考えることができました。自分の事を過大評価しすぎないように自分のとげの部分をいつも心に留めておきながら行動・発言をするようにしようと思いました。
・人は弱い部分があるから誰かと分かり合えたり優しくなれるのだと思い、弱い=悪い事ではないのだなと気づくことができた。
・自分自身も人からずれていたり、足りないものがたくさんある為、それでも良いのだと感じる事ができて心が少し軽くなりました。私も自分の弱さや欠点を理解して相手に話す事で関わる人からもっと親しみを持ってもらえるよう努力したいと思いました。
 
 本日は「ちょっとずれている方がいい」というテーマでお話頂きました。人間には必ず弱さ・弱点(ずれ)が作られており、とげという言葉で聖書では表現され「弱さ」について考える時間になりました。人は「失敗はしたくない、弱さを見せたくない。自分の弱点を認めたくない。」という意識が少しはあるのではないでしょうか?特に日本人は「普通」「平均」と比べてしまう・・・残念ながら私自身も大いにあります。
 お話の事例で知らない人同士に自己紹介をしてもらい初めに自分の自慢・誇りたい事を話す。その後、お互いの印象を聞いた際はお互い相手の事をつまらない人間だと感じ、次にお互いに自分の弱さを話す。すると、印象が変わり素晴らしい人だと感じるというプログラムがあったとお聞きしました。また、お話の中であった「自分を誇ることをしようとすればできるが自分の弱さにこたえる事が強さである。」「力は弱さの中で充分に発揮される。」「恵みは弱さを通して入る、弱さがとげを通して強さとなる。」という言葉が印象的でした。
 福祉・教育の考え方として人の良い所を探す事を意識するのが一般的です。しかし、本日のお話で弱さがマイナス要素では無いと聞き、弱さ・弱点・ずれに対する感覚が変わりました。弱さ=ダメ・カッコ悪いでは無く、弱さは力であると考えられる大きな気づきの時間となりました。ありがとうございました。 (専任教員:河北 彬充)


2018年12月05日

「花束(はなたば)」岡本 匡弘先生

2018年12月5日(水)「花束(はなたば)」
聖書:創世記 1章 5・8・13・19節
お話:本学院 学院長 岡本 匡弘先生

【学生の感想より】
・「10の花束」を意識し、子どもと「心」と「心」で向き合える保育士になりたいです。
・10の心の花束の話を聞いて、保育者の立場に立った時にどの気持ちも必要な物だと思った。仕事だけの話ではなく、普段からも花束を持った人柄になれたらいいなと思う。
・10の心(花束)、これら全てを持ち、対象者へ向けることの難しさを感じた。1つずつできる所から実践し自分の力にしていきたい。
・子どものやる気を奮いたたせるような保育をし、パワーダウンさせないような保育をするように努めなければいけないというお話を聞き、保育についてもっと学んでいかないといけないと思った。また個々の子どもそれぞれの個性を知り、その子にあった保育をすることも大切だと感じた。お話の中には色々な「心」が出てきたが、第一に子どもの気持ちを考えた上で保育するように心掛けることが大事だと思った。

 本日岡本学院長が話された「10の心の花束」とは
 ,覆す(治す・直す)心 努力する心 N紊泙洪粥´はわる心 ネ解する心
 Χ力する心 О蕕狄粥´┛造蕕或粥´感謝する心 愛する心 です。この一つひとつの心を丁寧に語りかけて下さいました。
 学生一人ひとりが、人との関わりの中で大切になるこの心を改めて見つめ、将来保育士としての働きにどう臨んでいこうとするのか、自分自身と向き合う時を持つ事が出来たと思います。心の花束を育んでいけるように、相手を大切にその生命に寄り添って花束を渡せるように、そしてまた受け取ることもできるように…、一人ひとりの歩みが向き合う人との関係をそんな風に築いていくことができるように、祈って参りたいと思います。(専任教員 池田 奈緒実)

2018年11月07日

「マイナスから生まれる豊かさ」佐原 良子先生

2018年11月7日(水)「マイナスから生まれる豊かさ」
聖書:コリントの信徒への手紙二 1章3〜7節
お話:心臓病の子どもを守る京都父母の会「パンダ園」代表 佐原良子先生

【学生の感想より】
 ・40年前にお子さんをなくされ、パンダ園で活動されている佐原先生。「同じ悩みを抱えている人の最高の理解者になる」という言葉が印象的で、保育士にも必要なことだと思いました。先生の笑顔が素敵でした。絵本のプレゼントが素敵でした。ありがとうございました。
 ・授かった命はどれも大切なものである。「息子の病気が回復することが不可能とわかった時、病院で苦しんでいる人たちとともに一緒に頑張る時間を与えて下さったんだと思った。」と言っておられたのを聞き、どれだけ辛いことだったとしても、前向きに考えることで、生きる力が出てくるのだろうなと思った。
 ・いろいろな壁にぶつかって辛いとき、「私」という人間ができることを精一杯伝えることで、心に変化が出てくるのだと感じました。佐原先生が愛する人を亡くされたことで、その人が伝えたかった思いや、今の自分があることの素晴らしさに気付かれて、今を生きておられるのだと知りました。

 本日は、佐原先生より、「マイナスから生まれる豊かさ」というタイトルでお話を頂きました。毎年、学院に来てくださり、ご自身の体験と、パンダ園の活動について、ゆっくりと優しい声で語って下さいます。わずか5歳にして心臓病で亡くなられた息子さん。想像を絶する苦難の中で、神様からの贈り物と受け止め、同じように病気で辛い思いをしている子どもやその親御さんに寄り添われる佐原先生。佐原先生は息子さんと、検査や治療のために入院される子どもさんのために作られた絵本、「かみさまのおてつだい」を読んで下さり、先生の豊かなお人柄が、お話を聴かせていただいている学生や教員の心を穏やかにしてくださいました。
 本日の聖書、コリントの信徒への手紙二 1章3〜7節 「苦難と感謝」は、「神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによってあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます。」とあり、今日のお話そのものでした。
佐原先生、本日は大切なお話、素敵なプレゼントをありがとうございました。先生からいただいた想いを大切に繋げていきたいと思います。 (専任教員 山恭代)

2018年10月31日

「頑張れる理由」手嶋 唯先生

2018年10月31日(水)「頑張れる理由」
聖書:コリントの信徒への手紙二 4章 17〜18節
お話:本学院 保育科卒業生/デイセンターひまわり勤務 手嶋唯 先生

【学生の感想より】
  ・手嶋先生のお話、利用者の方に寄り添う大切さを改めて聞けて、人との関わりをじっくりと大切にしていきたいと思いました。遊びの中で共有できることはないかと考えたりされているところも勉強になりました。
 ・非常勤で働いた時は担当を持つのではなく、サブとして全体を広い視野で見るようにしていたと仰っていたが、私も実習で担当の先生に、視野を広くもち全体を見渡すように言われたことを思い出しました。自分のすること、しないといけないことだけではなく、全体をしっかり見て行動しないといけないと改めて思いました。また、この人はできない、と決めつけるのではなく、個々に合わせた支援を促すことが大切だと思いました。
  ・実習が楽しく、それまで考えていなかった障害者施設への就職へと繋がったという手嶋先生の経験を聞いて、実習は大切だなと思いました。常に利用者さんが何を考えているか、なんで叩いているのかなどを観察し考える必要があることを学びました。実習に行くことがあったらどんどん質問してほしいともおっしゃっておられていたので、安心してどんどん質問をしようと思いました。働いているうちに自分に自信がついて出来ることが増えていき、苦しいことや悔しいことがあってそれが頑張れる理由になるそうで、働く勇気をもらった気がします。


 学院を卒業された方が福祉の現場で活躍されていることは私たち教職員の誇りであり、何よりも嬉しいことです。特に、施設実習を担当させていただいている立場としては、学生さんが保育所や幼稚園以外の施設を志すことにすごくやり甲斐を感じるところです。障がいを持つ方を身近に感じるには実習しかなく、またそこで“障がいを持つ方も自分たちとなんら変わらない人たちなんだ”と感じるのは、社会福祉援助の基本とはいえ、感性に似た部分もあり、そういう感覚を持って、進んで障害者福祉の現場を選ばれた手嶋さんは後輩たちに大きな夢と勇気を与えてくれたと思います。本当にありがとうございました。(専任教員 花岡 貴史)


2018年10月10日

 「隣人となる」山下 茂雄先生

2018年10月10日(水) 「隣人となる」
本日の聖書:ルカによる福音書10章25〜37節
お話:かがわ子ども・子育て支援センター 神愛館 館長 山下 茂雄 先生

山下先生は長年、香川県の乳児院において人に寄り添う想いで携わっておられます。
先生は穏やかな笑顔で学生さんたちに問いかけられます。
「乳児院で暮らす子どもにとって、乳児院に居る時だけの幸せな時間を考えていればよいのだろうか?」

先生は、虐待や養育が困難な実状等々で入所する子どもの様子や、家庭・社会の在り方を等身大で教えて下さいます。学生さんのレポートにも聞き取った入所理由やパーセンテージがたくさん挙げられていました。

その上で、被虐待者に対しても、裁く姿勢ではなく、その背景、援助の仕様を考えることが大切だと力説されます。
学生さんのレポートには、「それでも許せない」という想いをもつものや、「批判ではなく、『なぜ、してしまうのか』の方を考えることが大切」とストレートに受け取れるもの…様々にありました。

先生は、リアルな乳児院でのお話しと重ねて、本日の聖書「ルカによる福音書10章25〜37節」をもとに(困った事柄等に対して)「近寄って行ったらどうなるか」ではなく、「向こう側を通ったらどうなるか」を考えるべきであるとも語られます。

まずは一人でも多く、乳児院という所を知ってもらい、関心を持ってもらうことで何かが動き出す…特殊な案件ではなく、社会の問題として捉える視点を語られる姿が印象的でした。

先生、お人柄のにじむ言葉選び、ご配慮に感謝申し上げます。
実習に出る直前である学生さんたちにとって、保育奉仕者への想いを再認識出来た時間ともなりました。
ありがとうございました。(文責:専任教員 野之暢)

2018年10月03日

「祈りつつ」福井 生先生

2018年10月3日(水)「祈りつつ」
聖書:コロサイの信徒への手紙 第4章2節
お話:知能に重い障がいをもつ人たちの生活施設 止揚学園 園長 福井 生先生

 本日のチャペルアワーは、「祈りつつ」というテーマで止揚学園の福井生先生にお話しをしていただきました。心豊かに、家族のように生活をされている止揚学園の皆様。本学院の卒業生も何人か仲間の一人となり共に歩んでおられます。

 福井生先生より、「障がい(者)というが、生活する中で初めて障害となる。社会が障害となるハードルを作り、住みにくくしているのではないだろうか。」と、ご提言をいただきました。このままでは生きている意味さえ問われる社会になるのでは。誰もが共に生きていく未来への願いは祈りとなっていく…、福井先生は、止揚学園で共に過ごす仲間、またそのご家族との関わりから受け取られた「祈り」についてお話下さり、私たちにとって、「“祈りは希望”仲間の方の笑顔が語ってくれる。みんな同じ命、皆同じところに立っている。」と想いを込めて熱く語られました。

【学生の感想より】
・福井先生は、「祈りは希望」とおっしゃっていた。幸せはみんな平等。不幸、幸せに順番はない。障がいがあるなしは関係ないとの思いも語られていて、その通りだと思った。
・障がいを持っている子どもの保護者は、毎日祈りながら生活していると聞き、流した涙が報われるように、自分が接する機会があれば力になりたいと思いました。
・障がいがあるなしではなく人間が階段という障がいを作っているから、上り下りが難しい人を障がいがあると言っていると聞いて、その通りだと思いました。
・自分も毎日を過ごす中で、祈ることをします。祈ることは本当に、自分にとっての希望であると思います。障がいがあってもなくても、人は1人では生きられないから、同じだと思いました。みんなで支え合って生きていくことが大切だと私も思いました。

 本日は、福井先生のお話と、西竹先生の歌声と東舘先生のピアノで、「祈り」という止揚学園の曲の一つを聴くこともできて、チャペルアワーは温かい雰囲気の中に包まれました。「みんなの笑顔が守られますように。心がつながりますように。」という歌詞が、本日の福井先生の語りの内容と重なり、心にいつまでも響き渡りました。
 私自身も、昔も今も社会から障がい者といわれている方々と関わり合い支えられています。福祉サービスを受けるために手帳を持っているから障がい者?でも、障がい者という名の人はいない。みんな一人ひとりが、個性を持ち大切な命を持った人間です。誰もが共にあたりまえの存在として、生きていく社会になることを願い、できる実践をしていきたいと、本日、福井先生のお話を聴いて、改めて確認することができました。福井生先生。そして、西竹先生、東舘先生、本日は誠にありがとうございました。(専任教員:石塚正志)

2018年09月26日

「匂いを嗅いで 食べた気になる」花岡 貴史先生

2018年9月26日(水)「匂いを嗅いで 食べた気になる」
聖書:エフェソの信徒への手紙6章9節
お話:本学院 保育科専任講師 花岡 貴史先生

 【学生の感想より】
 ・人権について、大事なことだと分かっていても、ベースに神の存在がないと理解がしにくいという話を聞いて驚きました。上下関係もある日本の社会において、平等は難しいかもしれませんが、福祉を学ぶ身としては、人権だけを知るのではなくキリスト教の部分も知って本当の人権を理解していきたいと思いました。
 ・この学院に入るまでキリスト教、教えなどしっかり知っていませんでした。宗教というくくりでしか見ていませんでしたが、平等(神のもとに平等)という教えは大切な考えだと改めて思いました。今までよいと思っていたことも考えたいと思います。
 ・人権や福祉の問題の本質を知るのであれば様々な国の考え方を知る必要があると考えた。
 ・子どもたちの人権を守る“先生”(大人)になるということをしっかりと心にとめて、日々の学びを大切にしようと思いました。

 本日の聖書箇所に「彼らにも、あなたがたにも同じ主人が天におられ、人を分け隔てなさらないのです。」とあります。この聖句を読むと同時に「私の目には、あなたは高価で尊い。(イザヤ43章4節)」という御言葉も重なり、私自身は神様が様々な形や言葉で一人ひとりが大切な存在であることを語りかけて下さっている事を改めて感じました。
 一人ひとりが神様から生命を与えられ、存在していることやその尊さを知り、理解していくことが、将来向い合う保育・福祉・幼児教育の関わりの場で、人権を守る働きをする者としての大切な土台になることを覚えて歩んでいくことができますように…。(専任教員 池田奈緒実)


2018年09月19日

(紙芝居)「やすこちゃんがわらった〜キュックリッヒ先生の愛に育まれて〜」

2018年9月19日(水)チャペル・アワー(紙芝居)「やすこちゃんがわらった〜キュックリッヒ先生の愛に育まれて〜」
聖書:ローマの信徒への手紙12章15節
お話(読み聞かせ)河北 彬充先生

*(紙芝居)「やすこちゃんがわらった〜キュックリッヒ先生の愛に育まれて〜」文:幸若晴子 絵:狩野富貴子/財団法人 キリスト教視聴覚センター 1996年

 本日のチャペル・アワーでは紙芝居の読み聞かせが行なわれました。お話に登場するゲルトルード・エリザベート・キュックリヒ先生(1897〜1976/ドイツ出身)は牧師の家庭に生まれ、24歳の時に宣教師として来日。幼児教育・保育者養成・福祉事業に力を注がれました。第二次世界大戦直後、今の埼玉県加須市に、戦災孤児のための施設、愛泉寮を設立します。お話は愛泉寮での出来事がもとになっている物語です。子どもの想いに寄り添うキュックリッヒ先生の姿から、学生一人ひとりに保育士として大切な気づきが与えられました。

 【学生の感想より】
 ・子どもの行動に、その場だけの判断ではなく、その行動を起こす今までの経緯を知ることで、その行動の意味がわかる。ただ怒るのでは、子どもも悪いことをしたつもりではないので、パニックになると思う。自分を理解してくれる人がいることで、子どもも変わってくると思った。
 ・世の中には、トラウマや過去の出来事で悩みや悲しみを抱えている子どもたちもいる。決して責めずにただ隣にいることが大切である。
 ・子どもと接する保育者になるにあたって、キュックリッヒ先生の寄り添い方、“ダメ”と決めつけず、一人の子どもの背景や状況を考えた上での関わり方を学びました。キュックリッヒ先生のような保育者になりたいです。
 ・人に手を出すから悪い子だというのではなく、子どもがどうして手を上げたのか、その理由をよく考え、抱えている気持ちに少しでも寄り添えるような行動、言葉掛けが必要だと学びました。


 一般的には非常識と思われるやすこちゃんの行動を目の当りにした時、私は果たしてキュックリッヒ先生のように接することができたかどうかを考えると・・・全く自信がありません。恥ずかしい話ですが、キュックリッヒ先生とは真逆できっと注意していたはずです。人は自分の価値観で物事を決めつけて判断しがちですが、それでは物事の本質にはたどり着けないし、解決にもならないのだと思い知らされました。
 本日の紙芝居「やすこちゃんがわらった」の話を通して、どんな人に対しても分け隔てなく温かく見守り寄り添う事が大切なのだと改めて気づかされました。これから保育・福祉従事者となられる学生さんたちには、キュックリッヒ先生のように子どもたちにとって安心できる存在になってほしいと思いました。(総務部 山口 美穂子)

2018年09月05日

(ビデオ)「のどか森のリトル・ジョイ」

2018年9月5日(水)アニメ・ビデオ「のどか森のリトル・ジョイ」
聖書:創世記 1章11節〜21節 フィリピの信徒への手紙4章4〜7節
お話:ビデオ:「のどか森のリトル・ジョイ」(発売元:ライフ・エンターテイメント)

 後期最初のチャペルアワーは、アニメ―ション作品の鑑賞を行いました.

 〜のどか森に暮らす動物たちはお祭りの準備に大忙し、草木染の名人はたくさんの衣装の染めと年々派手になる要望に応えようと悩んだ末、科学者に作ってもらった染料を使うのですが、そこから森の自然が壊れていきます。
のどか森の動物たちは、一人ひとりが自分たちの過ちを反省し、神様にお祈りをしました。神様は動物たちの想いや願いを叶え、のどか森を緑豊かな森へと戻してくださったのです。〜

【学生の感想】
 ・物事の本質を常に頭に入れることは難しいが、注意したり意識したりすることで防げると思う。また、周りの声に耳を傾け修正することも大切だと思う。
 ・川が汚れた原因を、染物をした人は自分が悪いと思いその薬を渡した人は自分が悪いと思い、お互いが自らの失敗をみとめている。そうして悪い所を認め合ってこそその後に繋がると思う。
 ・期待をされすぎて自分がつぶれてしまう。でも、自分1人で解決せず、周りの人に相談するべきだと思う。どんなことでもわからなければ聞くことができる環境作りをすることは大切だと思う。

 かわいい動物たちが登場するアニメーション作品でしたが、伝えたい内容はとても深く、自分たちだけのことを考えるのではなく他人を思いやる気持ちの大切さがとてもわかりやすく伝わってくる作品でした。(総務部 本松寛子)